注意!FXでありがちなミス

売買注文と通貨の間違い

FXではチャート上で売買するより、証券会社のホームページやアプリで取引する事の方が一般的です。そのため売り買いを逆にしてしまったり、取引する通貨を間違えてしまうケースは頻繁にあります。
間違いに気が付いたらすぐに決済するのもいい判断ですが、間違えた通貨が含み益であれば。逆指値を建値まで移動させるのもアリです。棚からぼた餅のような状態ですが、幸運は滅多にないのでミスを上手く利用するのも利益を出すテクニックです。
この単純なミスは、ベテラントレーダーでも犯してしまいます。対処法は何度も確認するしかありません。声に出しながらチェックしていくのもいいですね。それと、FXではチャート上で取引ができる証券会社も増えてきていますので条件が良ければ、検討するのもアリですね。

レバレッジを勘違いしている

日本のFXでは以前は個人投資家のレバレッジジは50倍でした。しかし一部の勘違いした投資家が相次いで破たんしていったので、レバレッジは25倍に規制されてしまいました。破たんした原因は、レバレッジを利用して限界までポジションを持ち損切りもできずに、含み損を抱えたまま強制ロスカットという最悪のコースが大半です。
レバレッジを勘違いしたミスは、ただの勉強不足からくるものです。海外のトレーダーは実践に参加するのは2年程勉強してからです。FXは簡単に口座開設ができるため、この様な悲劇を生んでいます。
レバレッジは本当に素晴らしいものです。適切な運用さえすれば利益を出す打ち出の小槌の様なもです。しっかりと理解してからFXに臨みましょう。